[Back to the index page]


移動コードとエージェント・セキュリティ

西ヶ谷 岳           飯田 一朗
富士通研究所
{takashi,iida}@flab.fujitsu.co.jp

概要

   分散システムが複雑化、大規模化するにしたがい、システムを構成するコンポーネン トあるいはオブジェクトの柔軟性が求められている。ネットワーク上で異なるシステ ムが動的に結合・分離を行うためには、システムにおける各コンポーネントが動的に 性質を変えていく必要がある。移動コード技術は分散システムの柔軟性を担う1つの キー・テクノロジーと考えられるが、同時にセキュリティの確保は重要な課題である 。本稿では、マルチ・エージェント・プラットフォームとして開発されたKafkaが持つ 移動コード機能に関し、プラットフォームレベルで必要とされるセキュリティ機構と ユーザレベルでのカスタマイズを許容するセキュリティ・モデルに関して考察する。

[PDF File]