[Back to the index page]


移動エージェントAgletsのセキュリティ・モデル

小野 康一
onono@trl.ibm.co.jp

大島 満
moshima@trl.ibm.co.jp

概要

   複数の計算機上に分散する資源をアクセスしたり、異なる環境を結び付 ける分散システム技術は、計算機ネットワークの発達に応じて重要性が 増している。特に、インターネットやイントラネットなどの普及により、 より柔軟なシステムの構築が求められるようになっている。しかしその 一方において、資源のアクセス防護や、ホスト認証、ユーザ認証などの セキュリティに対する要求は、分散システム指向が高まるにつれて強く なっている。移動エージェント技術は、クラスの実体やオブジェクトの 内部状態を移動させて到着先の計算機上で実行させる。この性質から、 移動エージェント技術によって構築された分散システムは、RPCやRMIな どの遠隔呼び出し技術よりもセキュリティに対してより強力な機能を求 められることになる。日本アイ・ビー・エム(株)東京基礎研究所が開発 しているAgletsは、Javaによる移動エージェント技術としては世界で先 駆的な研究である。本稿では、Agletsのセキュリティ・モデルとして認 証やアクセス防護について述べる。

[PS file]

[HTML]