[Back to the index page]


並列計算機を用いた臨界投機型検索サービスの一提案

 

山名 早人, 小池 汎平, 児玉 祐悦, 坂根 広史, 山口喜教
yamana@etl.go.jp

概要

    1998年8月現在のWWWサーバ数は全世界で約281万台,それらのサーバ から提供されるHTMLページ数は 3億を越えている。このような膨大な 情報の中から,必要な情報を瞬時に的確に見つけ出すための仕組みが WWW情報検索サービスである。現在のWWW情報検索サービスの問題は, 大きく2つに分類される。一つは,指数関数的に増大するデータに 対応しきれなくなっており,最大でも世界中の3分の1程度のページに 対してしか検索ができない点である。もう一つの問題は,データ量の 増大に伴って本当に必要とするデータにたどり着くまでの「絞り込み」 にかかる時間が増大している点である。本稿では,これらの問題の内, 後者の問題に対する一つの解決策として臨界投機型検索サービスを提 案する。臨界投機型検索サービスでは,ユーザの検索要求に対する絞 り込み支援を計算機資源に余裕がある限り先行して行う方式である。

[PS File]

[HTML]