[back to the index page]


協調動作によるAS間障害解析の有効性の検証

明石 修、菅原 俊治、村上 健一郎、丸山 充、高橋 直久

{akashi,sugawara,murakami,mitsuru,naohisa}@core.ecl.net

NTT 未来ねっと研究所


概要

ターネットの安定運用を実現するためには,自律システム(AS)がインター ネットに広報した経路情報の振舞を理解し,自組織の意図が正しく反映されて 伝わっていることを検証することは重要である.この機能を実現するため,複 数のASにエージェントを分散配置して各環境において観測を行ない,協調して 障害解析を行なうマルチエージェントによるAS間障害診断システムENCOREを提 案してきた.本稿では、ENCOREにおけるエージェントの振舞いから障害解析行 為を分析し,筆者等の管理するネットワークで観測された症例・障害解析結果 と合わせて考察を行ない,その有効性と課題について議論する.

[PS file]