[back to the index page]


データリンクの抽象化に基づいたネットワークアーキテクチャの提案

小巻 賢二郎 (慶應義塾大学)
長 健二朗 (ソニーCSL)
所真理雄(ソニー)

概要

TCP/IPネットワークアーキテクチャの既存の実装モデルでは、 大部分はIPがデバイスドライバと隣接している。 そのため、IPは物理リンクを直接認識する。 このようなアーキテクチャ上では、 IPに論理リンクを提供する技術はIPを拡張したり デバイス毎に仮想デバイスを設計する方法をとっている。 これは論理リンクを構築する枠組としては汎用性に欠ける。 本研究では、 論理リンクを実現する適切な層としてインタフェース層を導入する。 インタフェース層は各デバイスとIPの間に位置し、データリンクの抽象化 を行なう。 インタフェース層では抽象化技術をモジュールに分け、 各システムの環境で必要なモジュールを組み合わせることにより柔軟 な機能提供を可能とする。

[PS file]