DiffServフレームワークにおける適応ルーティングによる低優先度通信の迂回

吉廣卓哉, 岡部寿男, 岩間一雄
京都大学大学院 情報学研究科 通信情報システム専攻

Abstract

インターネットでQoS保証を行う枠組みの一つとして, DiffServが研究 されている. DiffServは, ドメイン内でパケットを複数クラスに分類し 差別化を行うが, キューイングのみによるため, 高優先度通信の保護が 低優先度通信の品質劣化につながるという必然的な限界を持つ. 本研究 では, DiffServの低優先度クラスに対してOSPFのコスト値操作を行い, 適応的に輻輳を迂回することでより効率的なネットワーク利用を行う方 式を提案する. この方式では, コスト変更時に一時的な経路ループのな いアルゴリズムを考案することで, 適応ルーティングを可能にしている. また, この提案に基づきシステムの設計, 実装を行っている.

Valid XHTML 1.0!