異種網間シームレスハンドオーバ実現のためのアクセスルータとホームエージェント の連携方式に関する検討

船引誠、池田新吉、熊澤雅之、小林広和、土居裕、松本泰輔、川原豊樹
(松下電器産業(株) ネットワークシステム開発センター)

概要

次世代移動通信システムでは、セルラや無線LAN、有線LANなど異種網間のシームレス な移動をIPネットワーク上で実現する技術が必須となる。移動IPプロトコルである Mobile IPv6を拡張してシームレスハンドオーバを実現するプロトコルとしてFast Handovers for Mobile IPv6(FMIPv6)が提案されているが、同一管理ドメイン内での 移動を想定したものであり、異なる管理ドメイン間を移動する異種網間ハンドオーバ への適用が難しい。本稿では、モバイルノードとホームエージェントに機能追加を行 い、アクセスルータとホームエージェントが連携することにより異種網間のシームレ スハンドオーバを実現する方式の検討について述べる。本方式は、既存ネットワーク 構成にインパクトを与えることなく、異種網間ハンドオーバにおいても通常のFMIPv6 と同等の効果を得ることができ、シミュレーション評価によりその有効性を確認し た。

full text (pdf)