WIT2013 in Akita
第14回 インターネットテクノロジーワークショップ
The Fourteenth Workshop on Internet Technology (WIT2013)
会場:秋田男鹿温泉郷 セイコーグランドホテル (秋田県男鹿市)

開催日程: 2013年06月20日(木)〜06月21日(金)

論文登録〆切: 2013年04月19日(金)04月28日(日)(延長しました)




日本ソフトウェア科学会インターネットテクノロジー研究会では、第14回 インターネットテクノロジーワークショップ(The Fourteenth Workshop on Internet Technology - WIT2013)を開催いたします。本ワークショップは 平成10年(1998年)から13回開催され、活発な議論/意見交換がなされて好評 を得てきました。本年もインターネットの先端的、学術的研究から、実装、 運用経験など実際的な内容まで幅広く、相互の発表と自由で活発な情報交 換の場を提供することを目的とし第14回を開催いたします。本ワークショッ プを活発な研究発表/議論の場として、是非、発表をご検討下さい。また、 前回からの試みとして、WITへの投稿およびコンピュータソフトウエア誌特 集号への同時論文投稿も行えます。

本ワークショップのトピックとしては以下のものを予定していますが、インターネットに関連する内容であれば、これらに限らず広く受け付けます。

  • インターネット関連プロトコル、
  • ネットワーク基本ソフトウェア、
  • インターネットに関連する基盤ソフトウェア・ミドルウェア、
    (Pervasive computing, Grid computing,P2Pなど)
  • アプリケーションソフトウェア、
  • ネットワークマネージメント、
  • ネットワーク構築/運用経験、
  • セキュリティ、
  • インターネットにおけるプライバシー保護、
  • Web情報検索・構造・進化、
  • WWW関連技術、
  • スイッチ/ルータ/ゲートウエイ、
  • 分散IX・地域IX


開催日程

2013年6月20日(木)〜2013年6月21日(金)

発表会場および宿泊施設

秋田男鹿温泉郷 セイコーグランドホテル (秋田県男鹿市北浦湯本草木原50-1)
主要交通手段についてはこちら
会場バス情報についてはこちら

WSプログラム

こちら

参加申込および参加費

参加登録手続きはこちらから

参加登録の締め切り:2013年6月10日

参加費の情報


投稿要領

2013年04月19日(金) 04月28日(日) までに4ページ以上8ページ以内の論文を投稿ください。
論文原稿は、以下のフォーマットでお願いします。紙による投稿は受け付けません。

  • 日本語あるいは英語
  • 日本語論文の場合には英語タイトル名も付ける
  • アブストラクト(日本語の場合200 - 500文字程度、英語の場合100-200 word程 度)
  • PDF形式
  • 本文は2 column で、10pt - 11ptのフォントを使用

本ワークショップでは、完成した研究成果だけでなく議論を活発にするような研究発表も積極的に採択します。 挑戦的ではあるが研究途上で中間報告的な発表、有意義なデータの紹介など、通常では論文になりにくいものでも、討論の話題を提供する性格のものは歓迎いたします。
査読は行ないますが、より多くの方に発表の場を提供する方針です。

発表者は、当日までにA4で8ページ程度の論文を参加人数分用意し、これを会場で配布していただきます。 その後、コメントなどを反映させたものを、研究会資料としてWWWにて公開いたします。 投稿の際にはWebでの事後公開についてご了承の上でご投稿下さい。

WIT2013では,発表予稿を「コンピュータソフトウェア・ネットワーク技術特集号(2014年8月号予定)」(http://wit.jssst.or.jp/compsoft/itech13-cfp.html)に論文として投稿可能な,同時投稿論文の仕組みを提供します. 同時投稿の枠組を利用する場合は,WIT原稿投稿時に著者の方が選択して下さい.

特集号への最終原稿投稿締切は,WIT終了後(2013年7月19日)になりますが,WIT予稿提出後に担当編集委員の割り当てと査読者の依頼を進めます. またその際にWIT予稿を参考資料として用いますので,ご了解下さい. WITでの議論内容を論文へのフィードバック過程として是非ご活用ください. なお,特集号としては同時投稿以外の投稿も受け付けます.

論文投稿

投稿ページの指示に従ってください。
原稿ファイルは、PDF形式とします(他のフォーマットのデータを投稿しない ようにお願いします)。ページフォーマットに関しては,テンプレートファイルは 特にありません.2カラムの標準的なものをご使用ください.昨年の論文集が, http://wit.jssst.or.jp/2012/final-papers/にありますので,フォーマットの 参考にしてください.
なお、発表枠に限りがあることから、投稿申込多数の 場合には、事前に締め切ることがございますので、ご了承ください。
論文の差し替えは投稿締め切りまでは可能となっていますので、早めの申し込みをお願いします。

重要日程

論文登録締切
2013年04月19日(金) 04月28日(日)(延長しました)
採否通知
2013年05月13日(金) [発表論文リスト・プログラム公開(予定)]
ワークショップ
2013年06月20日(木)〜06月21日(金)
Web掲載用(国会図書館納付用)最終原稿
2013年07月26日(金)

主催

日本ソフトウェア科学会 インターネットテクノロジー研究会

問い合わせ先

wit2013-staff ``atmark'' entia.org

運営委員会

運営委員長 河合 栄治 (情報通信研究機構)

プログラム委員会

プログラム委員長
中村 素典 (国立情報学研究所)
プログラム委員
明石 修 (NTT未来ねっと研究所)
石橋 圭介 (NTTネットワーク基盤技術研究所)
和泉 順子 (法政大学)
小柏 伸夫 (共愛学園前橋国際大学)
河合 栄治 (情報通信研究機構)
木村 泰司 (日本ネットワークインフォメーションセンター)
島  慶一 (IIJ Innovation Institute)
菅原 俊治 (早稲田大学)
杉浦 一徳 (慶應義塾大学)
  寺岡 文男 (慶應義塾大学)
中尾 彰宏 (東京大学)
永見 健一 (インテック)
  西田 佳史 (GE Global Research)
  廣津 登志夫 (法政大学)
福田 健介 (国立情報学研究所)
藤本 衡 (東京電機大学)
水越 一郎 (NTT東日本)
  矢守 恭子 (朝日大学)